監理技術者の仕事内容

監理技術者の仕事というのは、建物の施行監理などいろいろと仕事があるんです。

Facebook Twitter Google+ はてなBookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

監理技術者の仕事内容

専門職というのは、世の中にたくさんあります。

その専門職の中に、監理技術者という職業があります。

この監理技術者というのは、ある一定の金額の、民間・公共問わない(個人の戸建て住宅などは除きます)工事を請け負った場合に、必ず配置しなければいけない、監理技術者の資格を持つ人のことを指しています。

では配置しなければいけないのはわかりましたが、この監理技術者がどういった仕事を担っているのかというのは、意外と知らない人が多いんじゃないでしょうか?まず監理技術者の仕事としては、その工事の施工に関する計画書を作成する職務だとか、またその工事の工程や品質に関する管理だとか、またその工事自体がきちんと適正に行われているのか、きちんと監理監督しなければいけない・・・、といういろいろな責任がある仕事なんです。

このことからも、いかに責任が重い仕事であるかがわかりますね。

外部

おすすめリンク

電気事業連合会